BLOGブログ

BLOG日々を綴る

5

お子様でも簡単にできる!桜の枝で鉛筆づくり

DIY・木工

皆さま、こんにちは。
長野県東御市に、2022年夏OPEN予定!
木育をテーマとした木の体験複合施設「ミマキウッドラボ」広報担当の木村です。

ゴールデンウィークの出張イベントでも作っていました木の鉛筆。
作り方をお見せいたします!

準備するもの

桜の枝と鉛筆の芯、接着剤です。作成に必要な道具は、電動ドリル、ノコギリ、小刀です。

作り方


桜の枝を選びます。枝が持ち手になります。形や太さなどが違うので自分に合ったものを探します。

桜の枝を好きな長さにノコギリでカットします。

枝に芯を入れる穴を開けます。
真っ直ぐ穴を開けるのが難しいのですが電動ドリルの使い方や穴の開け方など、木工職人のレクチャーを受けますので、お子様でも安心ですね。

穴の部分に芯を入れて接着剤で固めます。
芯が固まったら小刀で削ります。切れにくい繊維を使用した軍手で削りますのでお子様も安心です。

完成しました!

木工職人が丁寧にレクチャーしてくれるので、お子様などでも作ることができます。
また桜の枝を使用していますので、枝ごとに太さや反りなど異なります。
桜の枝の好きな太さや反りなどを選び、お好みの長さにカットできるため、たった一つの鉛筆が作れます。

時間も20分〜30分程度で作成できます!

ミマキウッドラボは2022年夏OPEN予定!
気軽にものづくりができる施設です。

オープンまでは、出張体験イベントを行う予定です。
イベントが決まりましたらお知らせいたします。

RELATED

関連記事

PAGE TOP