BLOGブログ

BLOG日々を綴る

3

レーザー加工機で木のミニテッシュケースづくり

DIY・木工

皆さま、こんにちは〜^^
ミマキウッドラボ広報担当の七瀬です。

花粉症がつらい季節となりました。
ティッシュが手放せない毎日ですね……

そこで、手持ちのテッシュを入れる「ミニテッシュケース」
ミマキウッドラボに導入予定のレーザー加工機「smart DIYs」を使って作ってみました!

ミニティッシュケース作り方!

準備するもの

レーザー加工機、MDF材(厚さ2.5mm)、ボンド、爪楊枝、ミニテッシュ

1.
データをIllustratorなどのソフトを使って作成します!
使う木材の厚さなどを考慮してデータを作成していきます。この作業が最も重要です!

2.
レーザーでMDF材を切断していきます

3.
しっかり木が組めるか、確認をします

4.
木工用ボンドで接着しながら組み立てを行います。細かいので、爪楊枝を使ってボンドを塗っています。
上のフタになる部分は、取り外しができるようにボンドはつけないでおきましょう。

5.
組み立て終えたら、テッシュを入れましょう^^♩

完成品がこちら!

ミマキウッドラボのロゴを刻印してみました。

感想

レーザー加工機は刻印だけに止まらず、立体物の作成なども可能で、表現の幅は多岐にわたります。
アイデア次第で、様々なものをつくることができます!

レーザー加工機はミマキウッドラボでも導入予定で、初心者でも気軽に扱うことが可能です♩
今から作りたいもののイメージを描いて、ぜひ実際にレーザー体験してみてくださいね!

それでは、また次回^^

✳︎

ミマキウッドラボは、
いつでも、だれでも、気軽にものづくりができる空間です。

ミマキウッドラボのオープンをどうぞお楽しみに♩

RELATED

関連記事

PAGE TOP